GETTY

Photo: GETTY

ロスタム・バトマングリがヴァンパイア・ウィークエンド脱退後、初となるソロ・ライヴを行っている。

現地時間6月12日にブルックリンのマッカラン・パークで開催されたノースサイド・フェスティバルに、ロスタム・バトマングリはブライアン・ウィルソンのサポート・アクトとして出演している。バンドは元ダーティー・プロジェクターズのデラドゥーリアンや、ラ・ラ・ライオットのウェス・マイルズが参加したほか、ダンサーやストリング・カルテットも加わるものだったという。ロスタムとウェス・マイルズによるコラボレーション・プロジェクト、ディスカヴァリーの楽曲のほか、ソロ名義の楽曲を披露している。

u2h2OVuIf/gWUFyy8OWEpdyZSa3aVCqpVoVvzZZ2VTnn2wU8qzVjDDetO90GSy9mVLqtgYSy231MxrY6I2gGqjrTY0L8fxCxfCBbhWrsYYAAAAAElFTkSuQmCC); display:block; height:44px; margin:0 auto -44px; position:relative; top:-22px; width:44px;”>

Rostam & Wes perform as Discovery for the first time…7 summers after their album came out.

kris irving chenさん(@krisirvingchen)が投稿した動画 –

String quartet, some gentle sound, beauty + movement from #Rostam feels pretty fine #nside @matsor

Aparnaさん(@aparnamuk)が投稿した動画 –

今年1月、ロスタム・バトマングリはソロでのキャリアを追求するため、ヴァンパイア・ウィークエンドを脱退することを発表している。

ロスタム・バトマングリがツイッターに投稿した声明では、ヴァンパイア・ウィークエンドの「メンバーではなくなった」とコメントしているが、フロントマンのエズラ・クーニグとは「将来のヴァンパイア・ウィークエンドの曲」や「将来のプロジェクトでのコラボレーションは続ける」だろうと述べられていた。

彼は、今回の脱退で「ソングライター、そしてプロデューサーとしてのアイデンティティ」によって「自分の足で立つ」ことができると述べている。

「みんなに届けてきた素晴らしい音楽、そして僕にとって大事な音楽がたくさんある。エキサイティングな時間だったよ。そして、君とその時間を分かち合うことができて僕は幸運だと感じてる」

その後、ロスタム・バトマングリはソロ名義で初のシングルとなる“Wood”と、新曲“Gravity Don’t Pull Me”を発表している。

ロスタム・バトマングリが所属するXLレコーディングスは、“Gravity Don’t Pull Me”が2016年にリリース予定のシングル・コレクションに収録されることを約束している。

一方、ハイムは秋リリース予定のセカンド・アルバムでロスタム・バトマングリとコラボレーションを行ったことを明かしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ