GETTY

Photo: GETTY

ロッド・スチュワートはエリザベス女王の誕生日の叙勲名簿でナイト爵位が授与されている。

ロッド・スチュワートは、長年の音楽キャリアやチャリティでの自身の活動が認められ、「サー」の称号を獲得している。

『ガーディアン』誌によれば、この知らせを受けてロッド・スチュワートは「素晴らしい人生を過ごしてきました」とした上で、次のように語っているという。「素晴らしいキャリアは、偉大な英国国民の寛大な支援のおかげです。この記念すべき名誉はそれを締めくくるものです。これ以上、求めるものはありません」

その後、ロッド・スチュワートはBBCの記事のリンクを追悼する形で、「本当に記念すべき名誉です」とツイートしている。

https://twitter.com/rodstewart/status/741394285677813761

ロッド・スチュワートは現在71歳で、1969年にソロ・デビュー・アルバム『ハンドバッグと外出着』をリリースして以降、全世界で1億枚を超えるセールスを記録している。

エリザベス女王の誕生日の叙勲名簿には他に、サッカー選手のアラン・シアラーが大英帝国第3級勲位を授与されているほか、宇宙飛行士のティム・ピークは聖マイケル・聖ジョージ勲章を授与されている。聖マイケル・聖ジョージ勲章は海外との関係への貢献した人に贈られるもので、今回、宇宙へ行った人に贈られる初めての機会となっている。

テレビ司会者のアント・アンド・デックは放送やエンタテインメントへの貢献で大英帝国第4級勲位が授与されている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ