SARA LINCOLN

Photo: SARA LINCOLN

ザ・キルズはワイト島フェスティバルに出演して、メイン・ステージでイギー・ポップの前にパフォーマンスを行ったことについて語っている。

土曜日のメイン・ステージはザ・フーがヘッドライナーとなっており、その他、リチャード・アシュクロフト、ザ・コアーズ、トゥーリン・ブレイクス、アラバマ3といったアーティストがメイン・ステージに出演している。

パフォーマンスの後にインタヴューを受け、ザ・キルズのジェイミー・ヒンスにとってワイト島フェスティバルは演奏しないのに訪れたことのある唯一のフェスであることを明かしている。「数年前、テレビで観てたんだけど、ものすごく素晴らしいように思ったんだ。それで、車に乗り込んで、次の日、会場へと車を走らせたんだよ」

ジェイミー・ヒンスは次のように続けている。「オファーをもらって、イギー・ポップと同じステージでやれるのを知った時は考えるまでもなかったね」

イギー・ポップはこの日のステージを“The Passenger”と“Lust For Life”で始めているが、ジェイミー・ヒンスは数週間前にパリで、アリソン・モシャートと一緒に、ジョシュ・オム、ディーン・フェルティータ、マット・ヘルダースによるバンドのライヴを観たという。

「まさに信じられないくらい素晴らしかったんだ。彼がステージを降りてきた時、俺もフロアにいたんだよ。パフォーマンスの特別授業だったよ」と彼は語っている。アリソン・モシャートは次のように続けている。「歳を重ねたら、イギー・ポップになりたいわ。彼は達人だもの」

ザ・キルズの最新作『アッシュ&アイス』は今週UKアルバム・チャートのトップ20入りを果たそうとしている。ジェイミー・ヒンスは彼にとって「トップ20に入ることはすごく重要」で、UKアルバム・チャートと共に育った子供の頃に言及している」

「いろんな場所で演奏してきて、アメリカでもたくさんやってきてるけど、UKで小さな成功を収められることは常に最も重要なことなんだ。僕らはツアーを通して成長してきたわけだけど、すごく長い間、アンダーグラウンドにいたわけだからね。だから、多くの意味を持ってるんだよ」

ワイト島フェスティバルでの“Doing It To Death”のパフォーマンス映像はこちらから。

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ