GETTY

Photo: GETTY

現地時間6月12日の未明にフロリダ州オーランドのナイトクラブ「パルス」で銃乱射事件があり、50名が亡くなったのを受けて、音楽界でもミュージシャンたちが続々と追悼の意を表明している。

事件は同日の現地時間午前2時から始まったとのことで、ニューヨーク出身の容疑者であるオマール・マティーンが店内で銃の乱射を始めたという。警官と撃ち合いになった後、容疑者は人質をとって立てこもったが、午前5時頃、突入した警官によって射殺されている。

前々日の6月10日にフロリダ州オーランドでは、オーディション番組「ザ・ヴォイス」の出演者であるクリスティーナ・グリミーが射殺される事件も起こっていた。

犯行後、過激派勢力のいわゆる「イスラム国」(IS)が犯行声明を出しており、IS系通信社アマクは、ISの「戦闘員」による行為だと表明している。ただし、関与の程度については不明だという。

ナイトクラブ「パルス」はLGBTの人々が集まることで知られ、犯人は同性愛を憎んでいたとも報じられている。

50名もの死者を出し、アメリカの歴史上、最悪の銃乱射事件が起きたことを受けて、ミュージシャンたちは追悼の意を表明している。

主なものは以下の通り。

https://twitter.com/ladygaga/status/742054021301567488?ref_src=twsrc%5Etfw

「この異常発生した銃乱射事件のすべての犠牲者と遺族のために祈っています。彼らの痛みは世界中からの支援と共感に迎えられるべきです」

「多くの人々にとってトラウマとなる、感情的な時間となっています。この暴力を変えるために私たちができることが反映された世界を夢見ています」

「わたしたちの思いはオーランドで亡くなった方々のすべての遺族と、彼らが愛した人々と共にあります。#オーランドのために祈りを。#愛こそが癒しなのです」

「オーランドで起きた悲劇的で、恐ろしい事件の犠牲者と遺族に感じている悲しみを十分に表現する言葉が見つからないよ」

「オーランドの銃乱射事件で本当に悲しんでるし、動揺している。亡くなった方と生き残った方に思いと祈りを」

「#オーランドにお悔やみを」

「オーランドの銃乱射事件を受けて打ちひしがれているわ。わたしの心は犠牲者の遺族と共にあります。セミ・オートマティックの銃をなんでこんなに簡単に入手できるの?」

「何が起こってしまったの? 心なき行いの犠牲者と遺族のことで今は胸が張り裂けそうです。許せないよ」

「どうしたら、どうしたら、どうしたら一人の人間がこんなにも憎しみを抱くことができるの? わたしの心は……張り裂けそうよ。オーランドの犠牲者の遺族のために祈っています。本当に残念です」

All.

@harrystylesが投稿した写真 –

「すべての人々に」

「#オーランドと、#クリスティーナ・グリミーに」

「わたしたちの思いと祈りは、悲劇的な形で人生を終えなければならなかったクリスティーナ・グリミーと、オーランドの銃乱射事件の人々と共にあります」

「銃乱射事件の被害者への支援を提供するフロリダの平等を求める会によるゴー・ファンド・ミーのページはこちらから」

「ダメだ。犠牲者やナイトクラブのパルスで亡くなったり、負傷した人の友人や遺族のことで、心が張り裂けそうだよ。ゾッとするし、腹立たしいし、胸糞が悪いし、打ちひしがれている。純粋な人々を殺したり、傷つけたりするのは神への冒涜だよ。ファック・ユー、テロリストよ。ファック・ユー、ホモ嫌いよ。ファック・ユー、偏狭な偏屈者よ。今日は悲しみと恥の日だ」

「#オーランドに、愛と祈りを」

「オーランドの銃乱射事件によってゾッとしている。このような殺人にふけるのを防ぐのに僕らが何かできるのはいつのことなんだろう」

https://twitter.com/ofwgkta/status/742031356247445504?ref_src=twsrc%5Etfw

「オーランドに祈りを」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ