GETTY

Photo: GETTY

ジャスティン・ビーバーは現地時間6月8日にクリーヴランドでNBAの試合を観に行った後、喧嘩に巻き込まれている。

ジャスティン・ビーバーはNBAのプレーオフ、クリーブランド・キャバリアーズ対ゴールデンステート・ウォリアーズの第3戦を訪れ、その後、クリーヴランドのダウンタウンにある自身のホテルに戻ろうとしたが、その際に喧嘩に巻き込まれたところをゴシップ・サイト「TMZ」が撮影している。

映像ではジャスティン・ビーバーが掴み合いになった男を突き飛ばし、その後、顔を殴っており、男のほうもジャスティンの顔を殴って応酬している。地面に倒されたところで、ジャスティン・ビーバーのボディーガードと思われる男性が間に入るも、ジャスティン・ビーバーは引き続き喧嘩をしようとしている。

その模様はこちらから。

騒動が起こって、まもなく別のビデオもアップされており、ジャスティン・ビーバーが周りの人に抑えられる様子を確認することができる。

その後、フォックス8は「警察は呼ばれず、争いは数分のものだった」と報じている。米『ビルボード』誌はジャスティン・ビーバーの担当者にコメントを求めたが、コメントは得られなかったといいう。

ジャスティン・ビーバーは騒動の後、インスタグラムでこの喧嘩が原因と思われるケガについて言及しており、「このキレイな顔には傷はないよ」というキャプションをつけてセルフィーをアップしたが、その後削除されている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ