ANDY WILLSHER/NME

Photo: ANDY WILLSHER/NME

ザ・ストーン・ローゼズがニュー・シングル“Beautiful Thing”の音源を公開した。

“Beautiful Thing”については楽曲の詳細が、現地時間6月8日夜に音楽著作権のサイト、PPLに掲載されていた。PPLは著作権管理団体で、公衆の場での楽曲の再生を管理している。ザ・ストーン・ローゼズはPPLに“Beautiful Thing”の詳細を登録しており、それによれば楽曲は7分あるという。

この事実をファンに目撃されて以降、同曲が5月13日にリリースされた“All For One”に続くセカンド・シングルとなるのではないかという憶測を呼んでいた。また、“Beautiful Thing”は“All For One”のB面曲ではないかという推測も出ていた。“All For One”の7インチは7月1日にリリースされる。

“Beautiful Thing”の音源はこちらから。

レニは6月7日に行われたハリファックスでのライヴの前にファンに対して「“All For One”以外にもレコーディングした楽曲がある」と明かし、そのサウンドについて「Beautiful」と語っていた。

“Beautiful Thing”のダウンロードはこちらから。

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ