YouTube

Photo: YouTube

ショーン・ライダーによるユーロ2016イングランド代表の非公式の応援ソングのミュージック・ビデオが公開されている。

ハッピー・マンデーズのフロントマンであるショーン・ライダーは、フランスで開催されるユーロ2016の開幕に合わせて6月10日に“We Are England”をリリースする。

このシングルは、フォー・ライオンズという名義でリリースされるものえ、ショーン・ライダーとはブラック・グレープのバンドメイトであるポール・”カーミット”・レヴァリッジ、そしてポール・オーケンフォールドとゴールディが参加している。ポール・オーケンフォールドは、ハッピー・マンデーズの1990年発売のアルバム『ピルズ・ン・スリルズ・アンド・ベリーエイクス』をプロデュースしている。

ミュージック・ビデオは、ロンドン、マンチェスター、ロサンゼルス、タイのほか、クリエイション・レコーズのアラン・マッギーの自宅で撮影されており、ベズと『トレインスポッティング』の作者のアーヴィン・ウェルシュがカメオ出演している。

ミュージック・ビデオについてショーン・ライダーは次のように語っている。「願わくば、この曲とミュージック・ビデオがイングランド代表にポジティヴなヴァイブを与え、笑顔になってくれればと思うよ。俺はこの曲をこの国の真のヒーローであるイギリスで働いている女性であり、男性たちのために作ったんだ」

ミュージック・ビデオはこちらから。

ブラック・グレープがサッカーのイングランド代表のために曲を作るのは2度目のことで、1996年にはキース・アレンとジョー・ストラマーが参加した“England’s Irie”をリリースしている。同曲はUKチャートで6位に上りつめ、一方で同年にライトニング・シーズがコメディアンのデイビッド・バディールとフランク・スキナーと共にリリースしたイングランド代表の公式テーマソング“Three Lions”は、UKチャートの1位を獲得している。

同じく1996年にブラック・グレープは、“Fat Neck”をリリースしている。この曲は、サッカーをターゲットにしたイタズラをすることで有名なカール・“ファット・ネック”・パワーという男性へのトリビュート・ソングで、彼は2001年のUEFAチャンピオンズリーグでバイエルン・ミュンヘンと対戦したマンチェスター・ユナイテッドの試合前のフォトセッションに無許可で紛れ込んだことで知られていた。

2曲目となるサッカーのテーマソングをリリースするにもかかわらず、マンチェスター・ユナイテッドのファンであるショーン・ライダーはスポーツについて議論することが嫌いだと認めている。2015年にBBC1の「ルーム101」に出演した際、ショーン・ライダーはサッカーの話をする人は「つまらない」と発言している。

『イッツ・グレイト・ホエン・ユーアー・ストレート…イェー』の20周年を記念するため、2015年に再結成を果たしたブラック・グレープは、今年11月にツアーを行う予定になっている。

ツアー日程は以下の通り。

Norwich Waterfront (November 11)
Cambridge Junction (12)
Minehead Shiine Weekender (13)
Liverpool O2 Academy (17)
Hull Welly (18)
Glasgow O2 ABC (23)
Edinburgh Liquid Rooms (24)
Aberdeen Beach Ballroom (25)
London Electric Ballroom (December 7)
Nottingham Rock City (8)
Wakefield Warehouse 23 (9)
Galway Roisin Dubh (22)
Dublin Vicar Street (23)

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ