SAM CHRISTMAS

Photo: SAM CHRISTMAS

プライマル・スクリームのシンガーであるボビー・ギレスピーが、スイスで開催されたカリバナ・フェスティバルでステージから落下して、病院で治療を受けている。

現地時間6月2日に行われたライヴで、ライヴが始まって40分ほど経ったところで、ボビー・ギレスピーはPAスピーカーから滑って観客の中に落下し、背中に軽傷を負ったと見られている。

ボビー・ギレスピーはフェスティバル会場から担架で搬送され、プライマル・スクリームはライヴを途中で終わらせなければならなかったという。フェスティバルの関係者は「我々はボビーを手厚く看護しています」と語り、ファンを安心させている。

『NME』では2メートル強を落下したものの、ボビー・ギレスピーが重症は負っていないことを把握している。また、病院からもすでに退院しているという。

ボビー・ギレスピーは落下前、カリバナ・フェスティバルのステージでPAステージから何度もジャンプしていたという。このフェスティバルにはガービッジ、ジェイムス・ベイ、ザ・クークス、ジャングルらが出演している。

プライマル・スクリームの次のライヴは6月17日で、スペインで開催されるフェスティバルのアズケナよりツアーを再開する予定となっている。次のUKでの公演は、7月15日のザ・ビート・ヘンダー・フェスティバルとなっている。

バンドは3月にリリースした通算11作目のアルバム『カオスモシス』のツアーを行っており、同作には“I Can Change”やスカイ・フェレイラとのコラボレーションである“Where The Light Gets In”といったシングルが収録されている。

※公開後、内容を修正しました。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ