INSTAGRAM/RIHANNA

Photo: INSTAGRAM/RIHANNA

リアーナがプロデューサーのマイク・ウィル・メイド・イットとのコラボレーションによる新曲“Nothing Is Promised”をリリースしている。

マイク・ウィル・メイド・イット&リアーナ名義でリリースされたこの楽曲は、マイク・ウィル・メイド・イットのセカンド・アルバム『ランサム2』に収録される。

マイク・ウィル・メイド・イットは以前、リアーナのアルバム『アンアポロジェティック』からのシングル“Pour It Up”を手掛けている。マイク・ウィル・メイド・イットは、ビヨンセの“Formation”、カニエ・ウェストの“Mercy”、マイリー・サイラスの“We Can’t Stop”も手掛けていることで知られている。

この新曲は、先日リアーナが2枚のリミックスEPをリリースしたのに続くものとなっている。リミックスは、最初にフォー・テットが手掛けたものを含む“Kiss It Better”の4曲のリミックスがリリースされ、さらに“Needed Me”の5曲のリミックスがリリースされている。

4月の終わりにはカルヴィン・ハリスとのコラボレーションである“This Is What You Came For”をリリースしており、同曲はUKで最高位2位、アメリカで最高位9位を記録している。

また、リアーナはディオールとの新たなコラボレーションの写真を先日公開している。リアーナはディオールのサングラスの新たなラインをデザインしているとのことで、それをかけた写真が公開されている。

リアーナのUKツアーは今月行われる予定となっており、ロンドン、コヴェントリー、マンチェスター、グラスゴーのスタジアムで公演は行われる。

新曲“Nothing Is Promised”の音源はこちらから。

音源のダウンロードはこちらから。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ