GETTY

Photo: GETTY

グラストンベリー・フェスティバルの主催者であるエミリー・イーヴィスは、将来的に新たなフェスティバルの開催を検討していることを明かしている。

主催者はグラストンベリー・フェスティバルの開催地を現在のワーシー・ファームから別の場所に移すことは考えていないというが、2019年までに同じチームでまったく別の新しいイベントを開催することを考えているという。

「グラストンベリーと同じチームで、どこかでイベントをやろうと思ってるの。といっても、まだ名前も決まってないし、どうなるかは全然分からないんだけどね」と彼女は語っている。「今のところはワーシー・ファームに集中してるわ。今はそのことであまりに忙しいから、そんな先のことは考えていないんだけどね」

昨日、グラストンベリー・フェスティバルはすべてのラインナップとタイムテーブルを発表している。

昨日の発表で、テーム・インパラ、デーモン・アルバーン、ミステリー・ジェッツらが追加されたが、レディオヘッドがサプライズ出演するのではないかという噂については否定している。

「現時点でレディオヘッドのライヴの計画はないわ」と彼女は『ガーディアン』紙に語っている。「でも、間違いなくレディオヘッドが戻ってきてくれるというのなら大歓迎よ。個人的には来年、出演してもらいたいと思うけどね。でも、現時点で決まってることは何もないの。だから、引き続き見守っていかなきゃならないわね」

また、エミリー・イーヴィスはデヴィッド・ボウイへのトリビュートについて最新情報を公開している。

「あらゆる種類の突然発生的なことが常に起こるわ。プリンスについてはいくつかヴィジュアル面でトリビュートを行ったり、深夜にブロック9のエリアでパーティを行ったり、他の場所でも様々なことが起こるわよ」

「デヴィッド・ボウイについては(メイン・ステージである)ピラミッド・ステージに『アラジン・セイン』の稲妻マークを掲げようと思ってるの。彼とこのフェスの関係は1971年にまで遡るもので、まるで彼のステージかのように祝福したいのよ。だって、グラストンベリーとはそれぐらいの関係性だったから。(2番目の)アザー・ステージではレミーへのトリビュートも行おうと思っていて、素晴らしいんだけど、内容はサプライズのままにしとかなきゃならないの。どんなことをやるか言ってしまったら、おそらくその素晴らしさが半分になっちゃうだろうから」

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ