GETTY

Photo: GETTY

カーリー・レイ・ジェプセンが日本企業のヘアケア・ブランド「モイスト・ダイアン」シリーズの新たなイメージ・キャラクターに起用されたことが明らかになっている。

カーリー・レイ・ジェプセンが日本企業のイメージキャラクターに起用されたのは今回が初めてのことで、「恋せよ、ダイアンガールズ。」をコンセプトに6月よりプロモーションを展開し、記念の限定商品も6月15日より発売される。

「モイスト・ダイアン」シリーズは、2013年より発売を開始したモロッカンアルガンオイル配合のノンシリコンシャンプーで、従来のノンシリコンシャンプーの概念を覆すような、泡立ちの良さと洗いあがり、指通りの良さを実現しているという。日本だけでなく、10ヶ国以上で販売されており、出荷数がブランド累計4,000万本を突破している。

モイスト・ダイアンのキャンペーン・サイトはこちらから。

http://www.moist-diane.jp/campaign/carly-2016/

カーリー・レイ・ジェプセンは先日、最新作『エモーション』より“Boy Problems”のミュージック・ビデオを公開している。

はペトラ・コリンズが監督を務めており、この曲のミュージック・ビデオを作りたいとカーリー・レイ・ジェプセンに接触したという。

「彼女(ペトラ・コリンズ)はアルバムで最も気に入っている曲である“Boy Problems”のミュージック・ビデオを作らせてもらえないかと訊いてきたのね」とカーリー・レイ・ジェプセンは語っている。「彼女は若さや美しさへの見方を刷新するという点ですごく才能のある視点を持っていると思ったの。そして、わたしにも分かる形で色を使って、それをやってくれるというものだったの。だから、すぐさまイエス!と返事をしたわ」

“Boy Problems”のミュージック・ビデオはこちらから。

最新作『エモーション』のダウンロードはこちらから。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ