GETTY

Photo: GETTY

ケシャが先日来のドクター・ルークとの法廷闘争に関連していると思われるメッセージをインスタグラムに投稿している。

2014年10月、ケシャは長年のプロデューサーであるドクター・ルークに対して「精神的操縦と、感情的な悪態と、精査的虐待」で訴訟を起こしており、彼とのレコード契約から逃れようとしていた。ドクター・ルークも名誉毀損で反訴しており、こちらの裁判は昨年6月より保留されている。

また、ドクター・ルークとの契約解除を認めないとする最近の判決を受け、ケシャはドクター・ルークに対して更なる法的措置を行うことを明らかにしている。

ケシャの猫にキスをする写真と共に、以下のメッセージを投稿している。「わたしの仲間たちが無条件の愛について教えてくれたの。小さなトラッシュ・キャットも大好きよ。人生において信頼のおける、誠実な人々を持てたことが本当に嬉しいの。疑わしいクソッタレは噛み付いてくる前に排除しなきゃダメよ。わたしを信じて」

u2h2OVuIf/gWUFyy8OWEpdyZSa3aVCqpVoVvzZZ2VTnn2wU8qzVjDDetO90GSy9mVLqtgYSy231MxrY6I2gGqjrTY0L8fxCxfCBbhWrsYYAAAAAElFTkSuQmCC); display:block; height:44px; margin:0 auto -44px; position:relative; top:-22px; width:44px;”>

mr peeps taught me about unconditional love. I adore my little trash cat. I also am so happy I have some people in my life that are trustworthy and loyal. weed the shady fuckers out before they bite. trust me.

Keshaさん(@iiswhoiis)が投稿した写真 –

ケシャは5月22日にラスベガスで開催されたビルボード・ミュージック・アウォーズで、ボブ・ディランへのトリビュート・パフォーマンスを行っている。

この出演についてドクター・ルークのレーベルであるキモサベ・レコーズは出演許可を保留していたが、ドクター・ルークへの言及がないことを受けて、最終的にパフォーマンスを許可している。

パフォーマンスの一部はこちらから。

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ