GETTY

Photo: GETTY

アデルはツアーの最新公演で、三脚に備え付けたビデオ・カメラでライヴを撮影するファンを叱りつけている。

アデルはライヴをホーム・ムービーとして撮影しようとしているファンに呼びかけて、次のように語っている。「そこの女性に言いたいんだけど、ビデオ・カメラでわたしを撮影するのをやめてくれない? だって、わたしは実物としてここにいるんだから」

観客のなかの女性を挙げて、彼女はこう語っている。「現実として楽しんでほしいのよ。カメラを通してなんかじゃなくて」

さらにこう続けている。「三脚を降ろしてくれない? これはDVDじゃないの。現実のライヴなのよ。みんなにはわたしのショウを楽しんでほしいのよ。だって、入れない人々が外にはたくさんいるんだから」

アデルが観客を叱る模様はこちらから。

別のライヴでは歌詞を忘れた模様が観客によって撮影されている。

また、ブルース・スプリングスティーンについても言及しており、彼のコートを貸してもらったのを受けて「紳士」だったと語っている。

アデルは先日ビルボード・ミュージック・アウォーズにてニュー・シングル“Send My Love (To Your New Lover)”のミュージック・ビデオを公開している。

“Send My Love (To Your New Lover)”のミュージック・ビデオはこちらから。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ