GETTY

Photo: GETTY

デヴィッド・ボウイの息子で、映画監督であるダンカン・ジョーンズが最新インタヴューで父親の死にどう向き合ったかについて語っている。

デヴィッド・ボウイは18ヶ月に及ぶガンとの闘病生活を経て、今年の1月10日に亡くなっている。デヴィッド・ボウイの死を受けて、ダンカン・ジョーンズはファンに対して彼らの支援に感謝の意を表明している。

映画『月に囚われた男』、『ミッション: 8ミニッツ』、そして最新作の『ウォークラフト』といった作品で知られるダンカン・ジョーンズだが、ポッドキャストの「ザ・ナーディスト」で次のように語っている。「僕は大丈夫だよ。うん、大丈夫。すごく幸運だったんだよ。さよならを言える機会があったわけだからね。妙な感じなんだ。この件についてどう話したらいいか分からないし、何を話すべきかも分からない。さよならを言える機会があったということ以外はね」

「その妙な感じが父親を恋しくさせるんだ。でも、まだ始まったばかりなんだろうけどね。ずっとそう思うんだろうけど、でも大変なことなんだ。父は僕が僕自身を誰であるのかと見つめる限り、大きな引力みたいな存在だからね。どうやって自分自身を世界から引き離して、自分自身を見つめればいいかっていうね」

彼はこう続けている。「複雑な心境なんだ。だって、今、僕の妻は妊娠していて、6月には出産予定だからね」

ダンカン・ジョーンズは以前、映画監督になるにあたって、父親の影響があったことを語っている。

「御存知のように父はたくさんの音楽を残したけれど、俳優業もしていてね。僕は父と映画のセットにいる時が一番楽しかったんだ……僕もその影響で映画製作に熱中するようになったんだと思う」

「みんなが期待するほどの音楽の才能は僕にはなかったから、僕の趣味は父と一緒にちょっとしたストップ・モーション・アニメの動画を撮影することだった。僕には映画への好奇心が常にあったんだ」

ダンカン・ジョーンズは、父親から自分のクリエイティヴな衝動を貫くことを教わったという。「僕はクリエイティヴィティを大事にするようにしてる――人が思いもしないようなことを試す勇気と意欲のあった父のようにね」

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ