GETTY

Photo: GETTY

プリンスの遺産分与の権利を要求する人たちのうち2人がDNA検査を受けることを拒否しているという。

ブリアナ・ネルソンとジャニーン・ハロランは、プリンスの腹違いの兄であるデュアン・ネルソン・シニアと血縁関係にあるという理由で、プリンスの資産を受け継ぐ権利があると主張している。

ブリアナ・ネルソンは自分がデュアン・ネルソン・シニアの娘だと主張し、一方でハロランはイニシャルV.Nとのみ認識されている幼い娘の代わりに権利を申し立てている。ハロランはV.Nはデュアン・ネルソン・シニアの孫娘にあたり、プリンスにとっては兄の孫娘であると主張している。

ネルソンとハロランは、ミネソタ州カーバー郡地方裁判所にプリンスの遺産相続を申し立てている。プリンスことプリンス・ロジャーズ・ネルソンとの血縁関係を証明するため、血液と遺伝子検査を受けるよう求めた裁判所の命令を、彼らは現時点で拒否しているという。

両者の主張は、自分たちとデュアン・ネルソン・シニアとの血縁関係、デュアン・ネルソン・シニアとプリンスとの血縁関係が証明されているのだから、血縁関係の推定において、ミネソタの地域法を満たしていると主張している。

今年4月にプリンスが57歳で亡くなった後、遺書を残していなかったことが公表されている。そのため、彼の6人のきょうだいと、デュアン・ネルソン・シニアを含む異母きょうだいへ3億5千万ポンドの遺産が平等に分与される。

プリンスの妹、タイカ・ネルソンは彼の遺産を分与するために財産管理人を立てることを要求しているという。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ