GETTY

Photo: GETTY

元AC/DCのドラマーのフィル・ラッドが、ドラッグの所持と殺人の脅迫の罪で自宅拘禁との判決が下されたフィル・ラッドだが、判決後わずか10日後で逮捕されている。

4月に61歳のフィル・ラッドは、メタンフェタミンと大麻の所持と殺人の脅迫の罪で逮捕されている。7月9日に8ヶ月の自宅拘禁との判決が下された。

米『ビルボード』誌が報じたところによれば、フィル・ラッドは再び逮捕され、拘置所に戻ることになったという。フィル・ラッドの弁護士は逮捕の理由についてコメントを差し控えている。

イングラム判事は24時間の監視を要求しており、宣告の状態に反することがあれば、拘置に戻ることを伝えていた。

公判ではフィル・ラッドが自身のソロ・アルバム『ヘッド・ジョブ』の売り上げ不振により多数の従業員を解雇し、その後、元従業員の一人を「片づけて」ほしいと共犯者に言ったことが明らかになっている。また、共犯者への報酬として、20万ニュージーランドドル(1630万円相当)の支払いが持ちかけられていたという。

殺害の脅迫事件について、オーストラリアのテレビ番組、「A Current Affair」に最近出演したフィル・ラッドは次のように語っている。「あの時、俺はすごくストレスを抱えていたんだ。(オーストラリアに)帰ってきて、このアルバムの発売に向けて一緒に仕事してた人たちがいて………このアルバムは完全にひでえ失敗だったけどな。だから俺はマジでキレてたんだ」。また、フィル・ラッドは同番組内で自身の行動を後悔するようなコメントもしている。「自分のやったことが間違ってたって、分かった。ここから這い上がるよ」

現在ドラマーの代わりは元メンバーのクリス・スレイドが務めており、バンドについてフィル・ラッドはこう語っている。「バンドの奴らに手紙を書いたんだ。アンガス(ギター担当)に連絡しようとしたんだが……誰とも連絡は取れてない。すごくガッカリしてるよ……。でも、それが人生だ。奴らは今まで通り楽しい時を過ごしてるだろうし、演奏を楽しんでると思う。それはいいことさ」

一方でフィル・ラッドは、将来のAC/DCのツアーに参加したいと考えていたようだ。「まだ次のツアーがあるし、その次もある。俺はツアーに参加するよ。そうやって俺たちが皆死んじまうまで続くんだ。全員が死なない限り、ツアーは続くだろうな」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ