DEAN CHALKLEY/NME

Photo: DEAN CHALKLEY/NME

リチャード・アシュクロフトは、元オアシスのメンバーであり、ノエル・ギャラガーの弟でもあるリアム・ギャラガーと気まずくなるため、ノエルとは一緒にアルバムを制作できないと語っている。

リチャード・アシュクロフトは先日『NME』に対してノエル・ギャラガーとの共作について次のように語っていた。「将来は何が起こるか分からないね。数年前にそんなことが起こってればと思うね」。彼はその後、オアシスとミュージカルを制作したいとも語っている。

昨年には、ノエル・ギャラガーもリチャード・アシュクロフトと一緒にアルバムを作ることに興味を示す発言をしている。

しかし、リチャード・アシュクロフトは、BBCラジオ5 のインタヴューにてアルバム制作については否定しているが、もし実現すれば「衝撃的な作品」になると言い、「ノエル・ギャラガーを心から尊敬しているし、大切に思っている」が、彼とコラボすることはリアム・ギャラガーを「戸惑わせる」ことになるだろうと語っている。

リチャード・アシュクロフトは次のように説明を続けている。「(彼らの兄弟愛は)マフィアみたいなものなんだ。彼ら2人の間に割って入って、ノエル/アシュクロフトでアルバムを作って、それをラジオで聞いたリアムが苦しむ姿を俺が想像する、なんてできると思うか? ありえないよ。リアムを手助けできたら、心が躍るけど……彼はまずソロ・アルバムをリリースすべきだと思う」

リチャード・アシュクロフトのインタヴュー動画はこちらから。

ザ・ヴァーヴの元フロントマンであるリチャード・アシュクロフトは、5月20日にソロ・アルバム『ジーズ・ピープル』をリリースしている。

ニュー・アルバム『ジーズ・ピープル』は、2010年発表の『ユナイテッド・ネイションズ・オブ・サウンド』以来となっており、アルバムの大半はリチャード・アシュクロフトの自宅の地下にあるスタジオで行われている。アルバムではウィル・マローンによるオーケストラが起用されており、ウィル・マローンはザ・ヴァーヴの『ノーザン・ソウル』や1000万枚のセールスを記録している『アーバン・ヒムズ』、そして2000年発表のソロ・デビュー作『アローン・ウィズ・エヴリバディ』にも参加している。

リチャード・アシュクロフトは、同アルバムからシングル“This Is How It Feels”をリリースし、リアム・ギャラガーから賞賛を受けている。

リチャード・アシュクロフトは10月に来日公演を行うことが決定している。

この公演は、本サイト「NME JAPAN」が企画・主催するもので、「NME JAPAN presents リチャード・アシュクロフト ジャパン・ツアー2016」として開催される。

リチャード・アシュクロフトの来日はソロとしては16年ぶりとなっており、ザ・ヴァーヴの2008年の来日から数えても8年ぶりとなる。

チケットは本日より6月7日(火)23時59分まで、チケットぴあのサイトにおいて主催者先行予約が受け付けられている。

チケットの購入はこちらから。

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=11016482

来日公演の詳細は以下の通り。

NME JAPAN presents リチャード・アシュクロフト ジャパン・ツアー2016

大阪
10月4日(火) ZEPP NAMBA
OPEN 18:00/START 19:00
TICKET:1Fスタンディング¥8,500、2F指定席¥9,500(税込・1ドリンク代別)

東京
10月6日(木) ZEPP TOKYO
OPEN 18:00/START 19:00
TICKET:1Fスタンディング¥8,500、2F指定席¥9,500(税込・1ドリンク代別)

10月7日(金) ZEPP TOKYO
OPEN 18:00/START 19:00
TICKET:1Fスタンディング¥8,500、2F指定席¥9,500(税込・1ドリンク代別)

公演の更なる詳細は以下のサイトで御確認ください。

http://ashcroft-japantour.com

“Hold On”のミュージック・ビデオはこちらから。

“This Is How It Feels”のミュージック・ビデオはこちらから。

アルバムのダウンロードはこちらから。

リリースの詳細は以下の通り。

RICHARD ASHCROFT
“THESE PEOPLE”
リチャード・アシュクロフト『ジーズ・ピープル』
発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
品番:OTCD-5430 定価:¥2,300+税
日本盤ボーナス・トラック収録予定
1. Out Of My Body / アウト・オブ・マイ・ボディ
2. This Is How It Feels / ディス・イズ・ハウ・イット・フィールズ
3. They Don’t Own Me / ゼイ・ドント・オウン・ミー
4. Hold On / ホールド・オン
5. These People / ジーズ・ピープル
6. Everybody Needs Somebody To Hurt / エヴリバディ・ニーズ・サムバディ・トゥ・ハート
7. Picture Of You / ピクチャー・オブ・ユー
8. Black Lines / ブラック・ラインズ
9. Ain’t The Future So Bright / エイント・ザ・フューチャー・ソー・ブライト
10. Songs Of Experience / ソングス・オブ・エクスペリエンス
※他、日本盤ボーナス・トラックを追加収録予定

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ