Ed Miles/NME

Photo: Ed Miles/NME

ジョン・ライドンは、ザ・セックス・ピストルズのマネージャーだったマルコム・マクラーレンとデザイナーのヴィヴィアン・ウエストウッドの間の息子であるジョセフ・コーを批判している。ジョセフ・コーは今年、全部で500万ポンド(約8億円)に相当するパンクに関する自身のコレクションに火を点けて燃やすイベントをカムデンで計画している。

ランジェリー・ブランド「エージェント・プロヴォケイター」の創始者であるジョセフ・コーは、ザ・セックス・ピストルズの“Anarchy in the UK”のリリースから40周年を記念した11月26日に、今年開催される体制に承認されたイベント「パンク・ロンドン」への抗議として自身のコレクションを燃やすつもりだという。

「神よ、女王を救わんことを。あの女は人間じゃない」と歌ったザ・セックス・ピストルズだが、「パンク・ロンドン」は女王も支持しているもので、イベントの開催を公式に祝福している。英国図書館やロンドン博物館といった機関もこのイベントを支持している。

このニュースを受けてジョン・ライドンは『メトロ』紙に次のように語っている。「もし500万ポンド(約8億円)に相当するものを破壊するっていうんなら、それを売ってチャリティに寄付したほうがいいんじゃないかね? あいつはファッキン下着のプロなんだろ。なんで自分のブラジャーは燃やさねえんだよ?」

「パンク・ロンドン」についてジョン・ライドンはこう続けている。「ボリス・ジョンソン(ロンドン市長)みたいな、パンクが起こった時にはパンクにとってどうでもよかった人間が祝賀すんだろ。(パンク・コレクションを燃やしても)やつらは何も苦しくないし、耐えなければいけないこともない。後からやってきて、あれこれ燃やしたことについてコメントすんだよ」

パンクの全盛期についてノスタルジックになるかどうかという質問には次のように答えている。「みんながパンクを誤解してることがノスタルジックにさせるんだ。やってかなきゃならないことが多過ぎて、ノスタルジックになんかなれないよ」

ジョセフ・コーは計画についてのプレス・リリースで次のように述べている。「女王が2016年をパンクの年だとし、公式に祝福しているというのは、これまで聞いた中でも最もおぞましいことです。オルタナティヴ・カルチャーやパンク・カルチャーの議論はメインストリームに占領されてしまっています。パンクは変化のためのムーヴメントではなく、博物館のクソ展示品か、賛辞の対象になってしまったのです」

「全体的な停滞感が現在イギリス社会にはあります。人々は麻痺しています。そして、麻痺は現状への満足感を生んでいます。人々はもう意見があると感じていないのです。最も危険なことは、自分たちの信じているものために闘うことをやめてしまうことです。みんな、追い求めることを止めてしまっています。もう一度、こんなクソな状況をすべて爆発させることが必要なのです」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ