GETTY

Photo: GETTY

ウータン・クランのRZAとインターポールのフロントマンであるポール・バンクスが、二人による新たなサイド・プロジェクト、バンクス・アンド・スティールズのファースト・シングルを公開している。

楽曲は“Love + War”と題されており、ウータン・クランのメンバーであるゴーストフェイス・キラが参加している。楽曲は「Beats 1」のゼイン・ロウの番組で初公開されている。

このコラボレーションについてはここ3年ほど噂されており、2013年にRZAは米『ローリング・ストーン』誌に一緒にやっていることを明かしている。

「俺のマネージャーがやってきて、『誰とアルバムを一緒に作りたい?』って言ってきたんだ。それで俺は『そうだな、ポールはエネルギーがあるよ。俺たちが一緒にサンドイッチを作ったら、きっと素晴らしいものになるよ』と言ったんだ。ポールと俺はチェスをやって、つるんでたからな」

「それでスタジオに入って、曲を書き始めたんだけど、これまでやってきたこととはまったく違うサウンドなんだ。すごくユニークで、すごく特殊なんだ。でも、しばらくはリリースしないだろうな。アルバムを完成させるには1年はかかるかもしれない。それが音楽的に打ち込んでることだね」

楽曲の初公開に合わせて、ロサンゼルスとニューヨークでは二つのインスタレーションも公開されている。ゼイン・ロウはロサンゼルスのフェアファックス・アヴェニューに展示されたものの写真をツイートしている。二人はFYFフェストとオースティン・シティ・リミッツへの出演も決定しており、まもなくリリースされるという。

“Love + War”の音源はこちらから。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ