GETTY

Photo: GETTY

現地時間5月19日にビースティ・ボーイズのオリジナル・メンバーであるジョン・ベリーが亡くなった。享年52歳だった。

米『ローリング・ストーン』誌によれば、マサチューセッツ州ダンヴァーズにあるホスピスで同日の午前7時半に亡くなったという。父親のジョン・ベリー3世も息子の死を認めており、ジョン・ベリーは前頭側頭型痴呆症を患っており、最近になって症状が悪化したと語っている。

ジョン・ベリーはギターを担当しており、1978年にマイク・ダイヤモンド、アダム・ヤウク、ケイト・シェレンバックと共にニューヨークのハードコア・シーンでバンドを結成している。ジョン・ベリーはビースティ・ボーイズというグループ名の名付け親とされ、最初のライヴは彼の自宅で開催されたアダム・ヤウクの17歳の誕生パーティーだった。

2012年にビースティ・ボーイズがロックの殿堂入りを果たした際にはアダム・ヤウクとアドロックがジョン・ベリーと彼のロフトに謝辞を送っている。

ジョン・ベリーは1982年にEP『ポリー・ウォッグ・スチュー』をリリースした後にバンドを脱退した最初のメンバーとなっている。その後、ケイト・シェレンバックも脱退し、アドロックが代わる形で加入し、よく知られたビースティ・ボーイズのラインナップとなっている。

米『ローリング・ストーン』誌によれば、ジョン・ベリーは、イーヴン・ワース、ビッグ・ファット・ラヴ、ハイウェイ・スターズ、バーボン・デラックスといったバンドのメンバーでもあったという。

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ