2014LiamGallagher_Getty465117019_230414

リアム・ギャラガーが新たなツイッターのメッセージで音楽への復帰をほのめかしている。

タブロイド紙はリアム・ギャラガーについて音楽からの引退を報じていたが、後にリアム・ギャラガーはそれを否定している。

今回、リアム・ギャラガーはいくつかの謎のツイートを行っている。その一つには「たくさんエキサイティングなことが起こってるんだ。リングに戻る時だな。電話をくれよ、ローヴァー」と書かれている。もう一つのツイートには短く「グルーヴはアートのなかにある」と綴られている。

『NME』はリアム・ギャラガーの担当者にさらなるコメントを求めるべく連絡をとっている。

リアム・ギャラガーによるツイートは以下の通り。

2009年にオアシスが解散した後、リアム・ギャラガーはビーディ・アイを結成し、2枚のアルバムをリリースしたが、バンドは2014年に解散している。

リアム・ギャラガーは先日ソロ・アルバムをリリースする可能性について否定している。「ソロ・アルバムなんて、お前、頭イカれてんのか? チンポ野郎」とリアムはツイートしている。「俺はクソ野郎じゃねえんだ」

一方、ノエル・ギャラガーは最近オアシスの再結成について1公演あたり2000万ポンド(約32億円)あればやるだろうと語っている。この発言はオアシスのドキュメンタリー映画『スーパーソニック』の詳細が発表されたのを受けてのものとなっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ