GETTY

Photo: GETTY

バラク・オバマ大統領は北欧音楽のファンらしく、最近の公式晩餐会で北欧音楽を賛辞を送ったことが明らかになっている。

バラク・オバマ大統領は、デンマーク、フィンランド、アイスランド、ノルウェー、スウェーデンの首脳陣に対し、それぞれの国の魅力と輸出品を称賛したという。フィンランドの魅力について語った中で、バラク・オバマ大統領は、フィンランドのヘヴィ・メタルに対する愛情と、実のところ大統領自身も大ファンであることを明かしたという。

「私が指摘したいのは、フィンランドは世界の中で人口あたりのヘヴィ・メタル・バンドの数が一番多く、さらに望ましい政治をしている国として上位に入っていることです」とバラク・オバマ大統領は語っている。「音楽と政治に何かしらの相互関係があるかはわかりません」

さらにバラク・オバマ大統領は、スウェーデン発のアバやアヴィーチー、スポティファイも称賛している。3月にキューバを訪問した際にはスピーチの中でピットブルを称賛している。

バラク・オバマ大統領は、グロリア・ エステファンとセリア・クルスと共にピットブルへの賛辞を送り、キューバ人とアメリカ人は互いの音楽に対して同じ愛情を共有していると語っている。

スピーチでバラク・オバマ大統領は次のように語っている。「我々政府は敵対的関係にあったにもかかわらず、人民は共通の情熱を共有し続けてきましたし、特に多くのキューバ人がアメリカにやってきました。マイアミでもハヴァナでも、チャチャチャやサルサを踊って、ロパ・ヴィエハを食べる場所を見つけることができるのです」

バラク・オバマ大統領によるスピーチの映像はこちらから。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ