GETTY

Photo: GETTY

ザ・ビートルズのプレス担当にして、バンドを評する言葉として「ファブ・フォー」というフレーズを作ったとして知られるトニー・バーロウが亡くなった。

上の写真の白いシャツの男性であるトニー・バーロウは現地時間5月14日にイングランド北部のモーカムの自宅で亡くなっている。死因についてはまだ発表されていない。享年80歳だった。

この知らせを受けて、ポール・マッカートニーはツイッターでトニー・バーロウに対する追悼の意を表明している。「トニー・バーロウはザ・ビートルズの初期の時期を手助けしてくれた愛すべき人でした。彼は超プロフェッショナルだが、いつだって笑わすことができました。彼はわたしたちの多くの人々に惜しまれ、記憶に残されることになるでしょう」

トニー・バーロウはザ・ビートルズと1962年から1968年まで仕事をしており、初期のプレス・リリースの中で「ファブ・フォー」というフレーズを生み出し、バンドの人気のニックネームになることとなった。

ザ・ビートルズの後はザ・キンクス、ザ・ベイ・シティ・ローラーズ、ザ・モンキーズ、トニー・ベネット、ジャクソン5を担当していた。

今月、ポール・マッカートニーとオノ・ヨーコらは、享年90歳出なくなったザ・ビートルズのプロデューサーであるジョージ・マーティンの告別式に出席している。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ