PRESS

Photo: PRESS

デヴィッド・ボウイは、生前映画『ツイン・ピークス』に以前演じた役で再登場する予定だったと報じられている。

デヴィッド・ボウイは、1992年のスピンオフ映画『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』に捜査官のフィリップ・ジェフリーズ役で出演していた。

俳優のハリー・ゴアスが『ダラス・モーニングニュース』紙のインタヴューで語ったところによると、デヴィッド・ボウイは、このデヴィッド・リンチ監督にょる『ツイン・ピークス』の新シリーズに前と同じ役でカメオ出演する予定だったという。

『ツイン・ピークス』は、2017年に米ケーブルテレビ局「ショウタイム」で放送される予定となっている。さまざまな合法的ストリーミング・プラットフォームで視聴できると見られているが、放送日や英国での放送局は発表されていない。

新シリーズでは、合計217名の俳優が出演する予定で、最初の2つのシリーズの出来事から25年後を描いている。愛想のよいFBI捜査官デイル・クーパー役のカイル・マクラクランをはじめ、『ツイン・ピークス』のオリジナルキャストの多くが帰ってくる。また、発表されたばかりのキャストの長いリストには、興味深い新しい名前が多く並んでいる。

新しいキャストには、アマンダ・セイフライド、アシュレイ・ジャッド、マイケル・セラ、トレント・レズナー、ジェシカ・ゾア、ジェーン・レヴィ、リチャード・チェンバレンが含まれている。デヴィッド・ドゥカヴニー、レイ・ワイズ、シェリリン・フェンなど、オリジナルキャストの多くは、マクラクランと一緒に帰ってくる。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ