GETTY

Photo: GETTY

待望の映画『トレインスポッティング』の続編が、ダニー・ボイル監督の下、スコットランドの首都であるエディンバラの街中で撮影がスタートしている。

現地時間5月11日には、スバッド役のユエン・ブレムナーがエディンバラで通行人とすれ違う様子が携帯電話の動画で撮影されている。また、前作と同様に脚本はジョン・ホッジが手掛け、ダニー・ボイル監督をはじめ、ジョニー・リー・ミラー、ユアン・マクレガー、ロバート・カーライルといった出演者陣も戻ってくる。

ユエン・ブレムナーの出演シーンを撮影した動画はこちらから。

原作のアーヴィン・ウェルシュは、続編では彼の愛するレントン、ベグビー、シック・ボーイ、スパッドといったキャラクターたちがポルノグラフィーの世界に「革新的な形」で巻き込まれていく、と明かしている。

続編はアーヴィン・ウェルシュが2002年に発表した小説『ポルノ』に基づいているが、完全に同じというわけではなく、アーヴィン・ウェルシュは次のように説明している。「過去のものを進化させなきゃならなかったんだよ。だって『ポルノ』が出た時より俳優たちは10歳年をとってるからね。今じゃ20歳上なわけでね。リアリティを考えなきゃならなかったんだ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ