Getty

Photo: Getty

グレイトフル・デッドのメンバーとジョン・メイヤーが結成したデッド&カンパニーが4曲のライヴ映像をアメリカのテレビ番組で公開している。

デッド&カンパニーには、グレイトフル・デッドのギタリストのボブ・ウィアー、パーカッショニストのビル・クルーツマンとミッキー・ハートの他、ジョン・メイヤー、オールマン・ブラザーズ・バンドのベーシストであるオテイル・バーブリッジ、ラットドッグのキーボード奏者ジェフ・キメンティが参加している。

今回、「ジミー・キンメル・ライヴ」に出演したデッド&カンパニーは“Fire On The Mountain”、“Not Fade Away”、“Scarlet Begonias”、“Bertha”の4曲を披露している。

その模様はこちらから。

グレイトフル・デッド/デッド&カンパニーは米『ビルボード』誌が発表した音楽収入ランキングで6位にランクインしている。トップに立ったのはテイラー・スウィフトで、音楽収入全体で7350万ドル(約78億6500万円)の収入があったという。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ