PRESS

Photo: PRESS

アニマル・コレクティヴはノース・カロライナ州でのいわゆる「トイレ法」施行を受けて、同州でのLGBTQの権利についての寄付と認知を求めるアーティストに仲間入りしている。

この反LGBTのための法律は、同州のシャーロットで施行されるために急いで可決されたもので、今後他の都市でも適用されるもので、LGBTコミュニティを差別から守る法案を通せなくなるほか、トランスジェンダーの人々は自らのジェンダーに即したトイレを使用できなくなるという。

アニマル・コレクティヴは現地時間5月9日にノース・カロライナ州アッシュヴィルのオレンジ・ピールでライヴを行っており、公演をキャンセルしなかったことについて声明を発表している。

「ピッチフォーク」によれば、声明は次のようなものだったという。「他の多くのアーティストがこの法律に抗議してそうしているように、公演をキャンセルするのは僕らのファンを失望させてしまうことになると感じたんだ。それで、パフォーマンスを行うことにしたんだよ。でも、これは、あらゆる差別や偏見を容認するわけでも、それに同意するわけでもないんだ」

アニマル・コレクティヴは、LGBTQコミュニティへの差別や議論を呼んでいる法律との闘いを支援するために、価格を購入者が決める方式で2枚のライヴ・アルバムをリリースしている。すべての収益は「プログレス・ノース・カロライナ」に寄付される。

プログレス・ノース・カロライナはNPO団体で、進行中のこの問題を扱っている。

ブルース・スプリングスティーン、パール・ジャム、リンゴ・スターは抗議のために公演をキャンセルしており、ファーザー・ジョン・ミスティはノース・カロライナ州での公演の収益をLGBTをサポートする「タイム・アウト・ユース」に寄付することを発表している。

アゲインスト・ミー!、シンディ・ローパーといったアーティストも抗議のために公演を行っており、ビヨンセも先日、同州で「素晴らしい仕事をしている人々」に賛辞を送っている。

アニマル・コレクティヴの2枚のライヴ盤の購入ページはこちらから。

http://anmlcollectve.bandcamp.com/album/live-at-fonda-theatre-march-9-2016

http://anmlcollectve.bandcamp.com/album/live-at-the-ritz-april-13-2016

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ