PRESS

Photo: PRESS

カニエ・ウェストをはじめとするアーティストたちが、ナズがプロデューサーを務めている映画『ザ・ランド』のサウンドトラックに楽曲を提供することが発表されている。

現地時間5月5日に映画のトレイラーが公開されており、カニエ・ウェストをはじめ、ナズ、エリカ・バドゥ、フレンチ・モンタナ、マシン・ガン・ケリー、プシャ・T、ジェレマイ、エジー、ノサッジ・シングが新曲を書いていることが明らかにされている。

映画『ザ・ランド』は脚本・監督を担当したスティーヴン・ケイプル・ジュニアのデビュー作で、オハイオ州クリーヴランドで暮らしている若いスケートボーダーが自身の暮らす「ザ・フッド」を抜けだして、より高みを目指す人生を描いたものだという。

トレイラー映像はこちらから。

カニエ・ウェストは先日、そのインターネットにおける存在感と「デジタルでのものすごい高み」に達したとのことで、「ウェブのアーティスト・オブ・ザ・イヤー」に選ばれている。

国際デジタル芸術科学アカデミーは、1996年よりインターネットの素晴らしいものを表彰するウェビー賞を運営しているが、カニエ・ウェストについて「音楽がどのように共有・リリースされ、存在し、消費されるかにおいて文化的パラダイムを変えた」と賞している

最新作『ザ・ライフ・オブ・パブロ』をタイダル限定で公開した方針や2010年からスタートさせた毎週新曲を発表する「グッド・フライデー」シリーズについて国際デジタル芸術科学アカデミーは賛辞の対象としている。

「オンラインの無視できない声やデジタル・ミュージックの世界における止められない力として、カニエ・ウェストをアーティスト・オブ・ザ・イヤーに選ぶことができるのは栄えあることです」と国際デジタル芸術科学アカデミーは述べている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ