GETTY

Photo: GETTY

アデルが、5月3日にデンマークで行われた公演の最中に婚約したゲイのカップルの「代理母」になることを申し出たという。

アデルは、デンマークのフォーラム・コペンハーゲンでライヴを行い、面白いサングラスをかけているカップルを発見し、彼らをステージにあげている。

2人がステージにあがったところ、スウェーデン人のこのカップルの1人アンドレ・ソーダーバーグが、片膝を床についてボーイフレンドのサイモン・カールソンにプラスチックの指輪をプレゼントしプロポーズを行っている。ボーイフレンドの男性は大喜びで指輪を受け取ったという。

2人のプロポーズを見たアデルは感激して「本当に素晴らしいわ。泣けてきた」と話している。

「もし子供が欲しくなったら代理母になってもいいかしら? スウェーデン人との子供って素敵だと思ってたの」と冗談交じりに続けている。

その時の様子はこちらから。

アンドレ・ソーダーバーグは、ここでのプロポーズはまったく予定していなかったが、プロポーズについてはずっと考えていたと明かしている。

「彼にプロポーズをしようとはずっと思っていたんだけれど、アデルが僕たちをステージにあげてくれたから、ここですることにしたんだ」と『ザ・サン』紙に語っている。

「今じゃなかったらいつするんだ?って思ってね」

アデルのこのワールド・ツアー中にカップルたちが婚約をするのは、彼らが初めてではない。3月にはロンドンのO2アリーナで、恋人同士のジョニー・ビグルがナタリー・キングにプロポーズをしている。

アデルは、ワールド・ツアーのヨーロッパ編を敢行中であり、6月15日のベルギーが最終公演の予定となっている。その後6月25日には、グラストンベリー・フェスティバルでヘッドライナーを務める。

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ