DAN HARRIS/NME

Photo: DAN HARRIS/NME

チャーチズが、来たるセカンド・アルバムのリリースに先んじて最新シングルを公開している。

チャーチズは、セカンド・アルバム『エヴリー・オープン・アイ』の詳細を発表しており、2013年発表の『ザ・ボーンズ・オブ・ワット・ユー・ビリーヴ』に続く本作は9月25日にリリースされる。

ニュー・シングル“Leave A Trace”の音源は、BBCレディオ1の「アニー・マック・ショウ」でUKの7月16日夜に初公開された。

ウェブサイト「ピッチフォーク」のインタヴューで、ヴォーカルのローレン・メイベリーは、この曲について「中指を立てたくなるような曲」と語っている。

“Leave A Trace”のリリック・ビデオはこちらから。

この曲について加えて、このように語っている。「その時の恋愛が、どんなふうだったかっていう内容ね。『もうこんな話し合いは必要ない――解決策はないし、お互いに気持ちが晴れない。現実を打破するような結果だって生まれない』っていうね」

「気持ちを曲にぶつけるのは気持ちがいいわ。建設的なことよね。他人になすりつけないで、自分で対処するの。歌詞を書くときはいつもそうしてきた。昔の恋人たちはもう友達でもなくなっちゃったけど、それでも別に気にしてないわ」

また、『NME』に語ったところによれば、マーティン・ドハーティはニュー・アルバムの構想について、前作の『ザ・ボーンズ・オブ・ワット・ユー・ビリーヴ』よりも「無駄な部分をなくしたい」と今年の初めに語っていた。

「少ない楽器で、多くのことをできるようにしたいんだ。マイケル・ジャクソンやプリンスの曲を聴くと、素晴らしいベースラインやドラム、そしてヴォーカル以外、何もないんだ。そんな方向を目指したいね」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ