GETTY

Photo: GETTY

報道によれば、プリンスの妹であるタイカ・ネルソンが、故人の約300億円に上ると言われている遺産について協議するべく遺族が集まった場から怒りで飛び出していってしまったという。

プリンスは4月21日に遺書を残さずに他界しており、ブレマー信託が彼の財産管理を任されている。

プリンスの遺産は、彼の妹であるタイカ・ネルソンと、片親が同じ5人の兄弟姉妹、ジョン、ノーリン、シャロン、アルフレッド、オマールの間で分割されると見られている。

米ゴシップ・サイト「TMZ」によれば、タイカ・ネルソンは木曜日にミネソタ州でアルフレッドとオマールに会っているという。

何時間もの協議の後、アルフレッドがプリンスの葬儀から除外されたことに対して不満をもらしていたと報じられている。葬儀のプランはタイカ・ネルソンが立てたという。

言い争いの後、タイカ・ネルソンは部屋を飛び出したと報じられている。

関係筋によると、タイカ・ネルソンが出て行った後、財産管理人に任命されている銀行からの代表者が、アルフレッドをプリンスのペイズリー・パーク邸宅に連れていき、彼の兄弟の死を「きちんと悼むことができるように」取り計らったという。

“Purple Rain”、“When Doves Cry”などのヒット曲で知られるプリンスは、先週、ミネアポリス郊外の自宅にて57歳で亡くなっている。

ミネソタ州の裁判官は、タイカ・ネルソンが遺言は存在しないと報告したことを受けて、プリンスのメインバンクであるブレマー信託を財産管理人に任命し、来週には聴聞会が予定されている。

プリンスは現地時間4月21日に自宅のペイズリー・パークで、享年57歳で亡くなっている。プリンスはスタジオでもある自宅のエレベーターで倒れているところを発見された。同日の午前10時7分に亡くなったことが宣言されている。検死は既に行われたが、死因についてはまだ明らかになってない。

プリンスの遺体は4月23日にペイズリー・パークで近親者による葬儀が行われた後、火葬されている。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ