PRESS

Photo: PRESS

プリンスが突然の悲劇的な死を遂げたときに、彼はエイズを患っていたと報じられている。

プリンスは先週亡くなる際に鎮痛薬を所持していたことが明らかになっている。プリンスと親しい人々は、彼が57歳でペイズリー・パークの自宅にて亡くなったその週に6日間連続で作業をしていたと話している。

『デイリー・メール』紙はプリンスが1990年代にHIVに感染し、昨年10月にエイズを発症したと『ナショナル・インクワイアラー』紙へある情報源が伝えたと報じている。プリンスは神が病気を治癒してくれると信じ、治療を拒否していたと伝えられている。

「医師はプリンスに対して血球数が異常なほど低く、危険にも体温が通常値である36度前後から34.4度まで落ちていると伝えていました」と、ある情報源は伝えている。「完全に鉄分不足でとても弱っており、しばしば分別も失っていました。ほとんど食べず、食べたと思えばすべて吐いてしまっていたのです」

「彼の顔は黄色がかり、首の皮は剥がれてぶら下がっており、指先は茶色っぽい黄色でした」

先日、プリンスの弁護士は、プリンスがドラッグのオーヴァードーズで亡くなったという報道を否定している。

プリンスの弁護士で、元マネージャーであり、25年の親交があるL・ロンデル・マクミランはAP通信に対して、プリンスが「懸念となるような薬物は摂取していなかった」と語っている。

しかし、L・ロンデル・マクミランは薬物療法の一種を受けていたことは認めた上で、「誰しも薬物療法は行います。問題は危険な形で薬物療法を行っていたかどうかです」と続けている。

L・ロンデル・マクミランはプリンスによるハード・ドラッグの使用についても否定している。「プリンスを知っている人であれば誰もが、麻薬に手を出すような人ではないことを知っています。それはバカげてます。プリンスを見て、『ハイになってるね』なんて言った人はいません。彼はそういう人ではないのです」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ