GETTY

Photo: GETTY

プリンスの最初のバック・バンドであるザ・レヴォリューションがプリンスに敬意を表して再結成することを発表している。

ウェンディ・メルヴォイン、リサ・コールマン、ボビー・Z、ブラウン・マーク、マット・フィンクの5人は、ブラウン・マークのフェイスブック・アカウントでザ・レヴォリューションとして再結成を発表する映像を公開している。

「プリンスの死を深く悲しみ、3〜4日一緒に過ごしたのを受けて、わたしたちは世に出て、何本かライヴを行うことを決めました」と映像のなかでウェンディ・メルヴォインは語っている。「もうすぐライヴをやることを知らせたかったの」

ザ・レヴォリューションは、プリンスのセルフ・タイトルのセカンド・アルバム『プリンス』のレコーディングに先立って、1979年に結成されている。しかし、個々のメンバーは『ダーティ・マインド』以降の作品でレコーディングへの参加を果たしているものの、プリンス&ザ・レヴォリューション名義でリリースされたアルバムは、『パープル・レイン』、『アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ』、『パレード』の3枚となっている。何度かのメンバー・チェンジを経て、ザ・レヴォリューションは1986年に解散している。

いつ、どこで再結成公演が行われるかという詳細については発表されていない。ウェンディ・メルヴォインは映像を「すぐに会おうね」という言葉で締めくくっている。

再結成を発表する動画はこちらから。

https://www.facebook.com/officialbrownmarkfanpage/videos/1178955885456579/

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ