GETTY

Photo: GETTY

現地時間4月23日にコーチェラ・フェスティバルで2週目となるヘッドライナーを務めたガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズがプリンスの逝去について言及している。

ゴシップ・サイトの「TMZ」はロサンゼルス国際空港でアクセル・ローズに直撃取材をしており、様々なトピックについて尋ねている。

骨折した足の具合については「いい感じだよ」と語り、「数週間」でギブスもとれるという。

また、お気に入りのAC/DCの曲については『地獄のハイウェイ』収録の“Touch Too Much”を挙げている。

コーチェラ・フェスティバルでのパフォーマンスについては「ライヴは本当によかった。観客が素晴らしかったよ。1週目の公演もよかったけど、2週目のほうがもっと楽しかったね。観客がより反応してくれたんだよね」と語っている、

プリンスの死については「すごく悲しいことだね。プリンスの大ファンなんだ」とコメントしている。

アクセル・ローズは今後、AC/DCのヨーロッパ・ツアーに参加することが発表されている。

現在、AC/DCは5月から6月にかけてヨーロッパの12公演が予定されており、UKでは6月4日のロンドン・オリンピック・スタジアムでの公演と、6月9日のマンチェスター・エティハド・スタジアムでの公演の、2公演が予定されている。

アクセル・ローズがAC/DCに参加するのではという説は数週間にわたって噂されていた。AC/DCのアンガス・ヤングはコーチェラ・フェスティバルの1週目でガンズ・アンド・ローゼズと共演を果たしている。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ