GETTY

Photo: GETTY

リアーナは最新作『アンチ』よりハーモニー・コリンが監督した“Needed Me”のミュージック・ビデオを公開している。

リアーナは一連のインスタグラムへの投稿でビデオを公開を発表している。監督を務めたハーモニー・コリンは、映画『スプリング・ブレイカーズ』、『キッズ』、『ガンモ』といった作品で知られ、これまでにザ・ブラック・キーズ、ソニック・ユース、キャット・パワーのミュージック・ビデオを撮影している。

“Needed Me”のミュージック・ビデオは、2本のビデオが公開された“Work”や先月公開された“Kiss It Better”に続くものとなっている。ビデオはヌードや暴力がふんだんに含まれており、いわゆるNSFW(職場閲覧注意)の内容となっている。

Just because it’s 420 #NEEDEDME #NOON #VEVO

badgalririさん(@badgalriri)が投稿した写真 –

また、リアーナについてはケンドリック・ラマーらを手掛けたプロデューサーのカルドによれば、早速『アンチ』に続く新作がリリースされる可能性があることをほのめかしている。

「僕らで取り組んだたくさんの音源があってね、これから出ることになるよ」と彼は「コンプレックス」に語っている。「それ以上は何も言えないんだけどね。でも、リアーナとのアルバムがあるんだ。それが言えることだよ。これ以上は言えない。でも、リアーナとカルドによるアルバムがあるんだ」

自身の楽曲にリアーナをフィーチャーしたのかと訊かれたカルドは次のように答えている。「いや、違うんだ。彼女の曲なんだ。『アンチ』のための曲だったんだけど、もう1枚の『アンチ』があるんだよ。それがオフィシャルなものかは分からない。でも、アルバムがあるのは確かなんだ」

“Needed Me”のミュージック・ビデオはこちらから。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ