PRESS

Photo: PRESS

5月13日にワープ・レコーズよりニュー・アルバム『アンダー・ザ・サン』をリリースするマーク・プリチャードだが、同作よりアルバム・タイトル曲“Under The Sun”の音源が公開されている。

先に公開されたトム・ヨーク参加曲“Beautiful People”に続いて解禁された本楽曲では、映画『サウンド・オブ・ミュージック』で知られる大女優ジュリー・アンドリュースのヒプノティックな歌声がサンプリングされている。

“Under The Sun”の音源はこちらから。

この曲についてマーク・プリチャードは次のように語っている。「サンプリングしたパート(For every evil under the sun, there is a remedy, or there is none, If there be one, try and find it, If there be none, never mind it)は1700年代のマザー・グースの子守唄の一節なんだけど、これを聴いた瞬間、これを切り刻んで使いたい!って思ったんだ。3回試してようやく形にできたんだけど、この楽曲は“Beautiful People”、“Rebel Angels”、“Cycles of 9”といった楽曲を結びつける、アルバム全体のストーリーにおいて、すごく重要な役割を果たしてる。それに、俺自身大好きな初期のディズニー映画のような別世界の感覚みたいなものを感じさせる、感傷的な語感やメロディー自体がすごく好きなんだ。本当はジュリー・アンドリュースが俺が住むシドニーにしばらく滞在すると知って、もう1度これを唄ってもらおうと思ったんだけど、それは叶わなかったから、最終的にサンプリングって形になったんだ」

トム・ヨーク参加の“Beautiful People”の音源はこちらから。

本作にはトム・ヨークの他、同じくワープ所属のビビオ、アンチ・ポップ・コンソーティアムのビーンズ、そしてダフト・パンクの映画『ダフト・パンク エレクトロマ』のサウンドトラックにも起用されたサイケデリック・フォーク歌手のリンダ・パーハクスといった面々が参加している。

現在iTunesでアルバムを予約すると、“Sad Alron”、“Beautiful People”、“Under The Sun”の3曲をいちはやくダウンロードすることができる。

リリースの詳細は以下の通り。

MARK PRITCHARD / UNDER THE SUN
マーク・プリチャード / アンダー・ザ・サン
WARP RECORDS / BEAT RECORDS
国内盤 BRC-511 ¥2,200+tax
国内盤特典 ボーナストラック追加収録/解説書付き
2016.05.13 FRI ON SALE
1. ?
2. Give It Your Choir feat Bibio
3. Infrared
4. Falling
5. Beautiful People feat Thom Yorke
6. Where Do They Go, The Butterflies
7. Sad Alron
8. You Wash My Soul feat Linda Perhacs
9. Cycles of 9
10. Hi Red
11. Ems
12. The Blinds Cage feat Beans
13. Dawn Of The North
14. Khufu
15. Rebel Angels
16. Under The Sun
17. In Stillness / Light Bodied (Bonus Track for Japan)

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ