GETTY

Photo: GETTY

2パックの書いたラヴレターがオークションで35000ドル(約380万円)で落札されている。

この手書きによる愛の告白は高校時代の恋人である「ベートーヴェン」というニックネームの女性に送られたものだという。ゴシップ・サイト「TMZ」によれば、彼女が才能あるピアニストであったことにこのニックネームは由来するという。

1988年、17歳の時に書かれた手紙のなかで2パックは次のように綴っている。「君もすぐに気づくだろうから言葉の出し惜しみはしないよ。俺が感じていることを言う。もし、俺の言ったことで君が怖がることがあったとしたら、お願いだからパニックにならないでほしいんだ。だって、俺は感情的になりがちだからね」

「知り合って、もう4年近くだよな」と彼は続けている。

また手紙のなかでプリンスへの愛と過去の失恋についても綴っている。

「俺たち二人ともプリンスが好きだよな。それで二人とも失恋していて、どっちもロウソクが大好きなんだ」

セレブリティの貴重品を販売するのに特化したサイトである「モーメンツ・イン・タイム」で2パックの品が売られたのは今回が初めてではなく、先月には2パックが所有していた未公開音源と手書きのノートがオンライン・オークションに出品されている。

また昨年10月には2パックが刑務所にいた時に書かれた手紙が255000ドル(約2800万円)で売りに出されていた。

本名をトゥパック・アマル・シャクールという2パックは1996年にラスベガスで走っている車から銃撃されて亡くなっている。伝記映画『アール・アイズ・オン・ミー』が現在制作されており、監督はベニー・ブームが、主演の2パック役はデメトリアス・シップ・ジュニアが務めている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ