ANDY FORD/NME

Photo: ANDY FORD/NME

パール・ジャムはノース・カロライナ州の差別的な新法に反対の姿勢を示す最新のアーティストとなっている。

パール・ジャムは4月20日にノース・カロライナ州ローリーのPNCアリーナで公演を予定していたが、「偏見への反対を表明」するために公演をキャンセルしている。ノース・カロライナ州では今月、人々に生まれた時の性別と一致したトイレを使用することを求める法案が可決されており、トランスジェンダーの人々に悪影響を及ぼしている。

ブルース・スプリングスティーンとリンゴ・スターも共に法案への抗議のために公演をキャンセルしている。

「実質的な影響は広範囲に渡るもので、基本的人権への悪しき影響は深刻なものです」とパール・ジャムはオフィシャル・サイトに掲載した声明のなかで述べている。「僕らはアメリカが、その人が誰を愛しているか、もしくはその人が誰であるのかによって仕事から追い払われるような人が一人もいない場所であってほしいのです。僕らは偏見への反対を表明しなければならない理由はそれです」

パール・ジャムは地元のLGBTQの権利団体に寄付も行う予定だという。

パール・ジャムをはじめとしたアーティストがノース・カロライナ州での公演をキャンセルしているが、アゲインスト・ミー!のローラ・ジェーン・グレイスは、議論を呼んでいる新法への「抗議の形」として来月ノース・カロライナ州でライヴを行う予定となっている。

また、マムフォード・アンド・サンズは地元のLGBTのチャリティに先日のライヴの収益を寄付している。

アダム・ランバートはLGBTのための抗議でブルース・スプリングスティーンを讃えており、次のように『NME』に語っている。「ショウをキャンセルしたのは最高にカッコいいね」

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ