GETTY

Photo: GETTY

ニック・ケイヴの10代の息子、アーサー・ケイヴが英ブライトン近くの崖から落ちて亡くなったことが明らかになっている。

15歳のアーサー・ケイヴは、サセックスの警察によって身元が特定されており、死体が発見されたのは現地時間の7月14日午後6時だったという。BBCが報じたところによれば、オーヴィンディーン・ギャップの地下道で発見されたという。

一般人により応急処置がほどこされた後、アーサーはロイヤル・サセックス・カウンティ病院に運び込まれたという。アーサーはその負傷が原因で同病院で亡くなっている。

現在、アーサーの遺体は検死官のもとにあり、疑わしい部分はないという。報道によれば、友人たちがオーヴィンディーン・アンダークリフ・カフェのそばに集い、哀悼の意を捧げているという。

ニック・ケイヴと妻のスージーは声明の中で次のように述べている。
「僕らの息子であるアーサーは火曜日の夜に亡くなりました。あの子は美しくて、楽しく、そして愛らしい少年だったのです」

アーサーは、スージー・ビックとの間の二人の息子のうちの一人で、アーサーと兄弟のアールは映画『ニック・ケイヴ 20,000デイズ・オン・アース』にも登場している。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ