GETTY/PRESS

Photo: GETTY/PRESS

カニエ・ウェストの最新作『ザ・ライフ・オブ・パブロ』は、主にストリーミングのみでリリースされたアルバムで全米1位に輝いた初めてのアルバムとなっている。

カニエ・ウェストの最新作はストリーミング・サービスのタイダル独占で今年2月にリリースされており、フィジカル・リリースはまだされていない。

『ザ・ライフ・オブ・パブロ』は4月1日によりアップル・ミュージックやスポティファイといった他のストリーミング・サービスでもストリーミングが開始され、今回全米アルバム・チャートのトップに立っている。

米『ビルボード』誌によると「セールス値の半分以上がストリーミングによってみなされた数値となっている」とのことで、残りは限定でデジタルでリリースされているダウンロードの値だという。

この報道がなされる前にカニエ・ウェストはツイッターで「世界で『ザ・ライフ・オブ・パブロ』を1位にしてくれたすべての人々に感謝してる」とファンに感謝している。

「みんなが気に入ってくれて嬉しいよ。俺は今ツアーのデザインに取り組んでるんだ」

「ストリーミングでナンバー1になった初めてのアルバムだということも詩的しておきたいね」

最新作『ザ・ライフ・オブ・パブロ』がフィジカルでリリースされることがあるのかはまだ明らかになっていない。カニエ・ウェストは今後、自身の音源についてCDでリリースしないことを公言しており、「自分からCDがリリースされることはない」とツイートしている。

また、カニエ・ウェストは現地時間4月9日にフィリピンで『ザ・ライフ・オブ・パブロ』から数曲を初めてライヴで演奏している。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ