LAURA PALMER/NME

Photo: LAURA PALMER/NME

バスティルが4月7日に開催されたスノーボミング・フェスティバルにおいて新曲“The Currents”をライヴで初披露している。

「気に入ってもらえたらと思うよ。ちょっと変わってるんだ」とフロントマンのダン・スミスは“The Currents”をライヴで初めて演奏する前に語っている。

観客が撮影した“The Currents”のパフォーマンス動画はこちらから。

スノーボミング・フェスティバルはオーストラリアのフェスティバルで、バスティルはザ・フォレスト・パーティー・ステージに出演しているが、セットリストのなかで2015年に初披露した新曲“Snake”も披露している。

南ロンドン出身のバスティルだが、今年2月にセカンド・アルバムをリリースすることを発表する短い動画を公開している。ビデオのなかでダン・スミスは「たくさんのバンドがセカンド・アルバムを作ることの難しさについて語るのを聞いてきたけど、そんなに遠いものだとは思わなかったんだ。つい最近まで僕たちはそんなことを考える時間もそれほどなかったぐらいなんだよ」と語っている。

セカンド・アルバムについて語る動画はこちらから。

https://www.facebook.com/bastilleuk/videos/923537524347941/

「ここ数年、コンスタントにツアーをすることができて本当にラッキーだったんだ。すごく楽しかったしね」と彼は続けている。「でも、それは音楽の作り方を大幅に変えなきゃいけなかったということではないんだ。今回のニュー・アルバムはツアー・バスや楽屋やホテルやいろんな場所で書かれ、録音されたんだ。曲の書き方や作り方のプロセスはそんなに変わってないんだよ。今回はベッドルームが少なくなったというだけなんだ」

2015年に新曲“Hangin’”を公開しているが、アルバムの詳細やリリース日、トラックリストについてはまだ明らかにされていない。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ