PRESS

Photo: PRESS

ザ・ラスト・シャドウ・パペッツは今週フランスのテレビ番組「ル・グラン・ジュルナル」に出演し、3曲のパフォーマンスを行っている。

アレックス・ターナーとマイルズ・ケインはニュー・アルバム『エヴリシング・ユーヴ・カム・トゥ・エクスペクト』からの2曲、“Miracle Aligner”と“Aviation”を披露して、最後に2008年のデビュー作『ジ・エイジ・オブ・ジ・アンダーステイトメント』からの“Standing Next To Me”に雪崩れ込んでいる。

映像はこちらから。

ザ・ラスト・シャドウ・パペッツはニュー・アルバム『エヴリシング・ユーヴ・カム・トゥ・エクスペクト』を4月1日にリリースしており、このまま行けば初登場全英1位を記録する見込みとなっている。

バンドは多くのUKでの公演日程が予定されており、T・イン・ザ・パークとグラストンベリー・フェスティバルへの出演も決定している。先日、バンドは小規模なUKツアーを終了させており、そこではファンの携帯でライヴの映像を撮影するアレックス・ターナーの姿も目撃されている。来週よりザ・ラスト・シャドウ・パペッツはUSツアーをスタートさせている。

ザ・ラスト・シャドウ・パペッツのUKでの単独公演は以下の通り。

Newcastle, City Hall (May 30)
Leicester, De Montfort Hall (May 31)
Bristol, Lloyd’s Amphitheatre (June 24)
Manchester, Castlefield Bowl (July 10)
Bridlington, The Spa (July 12)
Bournemouth, BIC (July 13)
London, Alexandra Palace (July 15, 16)

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ