GETTY

Photo: GETTY

ザ・セックス・ピストルズのフロントマンであるジョニー・ロットンことジョン・ライドンが1978年に購入した部屋が賃貸に出されていることが明らかになっている。

部屋はチェルシーにある3LDKの豪華な間取りで、ザ・セックス・ピストルズが解散することになった1978年から1981年までジョン・ライドンはこの部屋で暮らしていたという。

ジョン・ライドンは1978年にパブリック・イメージ・リミテッドを結成しており、この部屋で暮らしていたと思われる間に『パブリック・イメージ』、『メタル・ボックス』、『フラワーズ・オブ・ロマンス』という3枚のアルバムをリリースしている。

不動産サイト「ズープラ」によれば、今回、チェルシーのガンター・グローヴにある不動産屋のヴィクトリアン・ハウスがこの部屋を賃貸で貸し出しており、1ヶ月の家賃は5612ポンド(約90万円)になるという。

貸し出されている部屋の写真はこちらから。

http://www.zoopla.co.uk/discover/property-news/former-home-of-sex-pistols-singer-johnny-rotten-for-rent/#QfV3JoIxvwWQuFgJ.97

先日、ザ・セックス・ピストルズが70年代に暮らし、レコーディングを行っていたロンドンのタウンハウスが歴史的重要建造物リストのグレード2を授与されている。

政府による英国の歴史保存団体「ヒストリック・イングランド」は、この建造物について「特別な関心を超えて非常に重要な建造物」と見なしている。

デンマーク・ストリートのナンバー6にある建物は17世紀に建てられ、今なおジョン・ライドンやマルコム・マクラーレン、ナンシー・スパンゲンといったパンクではよく知られた人物によって壁に描かれた風刺画が残っている。

音楽サイト「ピッチフォーク」によれば、「ヒストリック・イングランド」は「建物の物理的な家具に残された、パンク・ロックという文化的現象の貴重な例」と評しているという。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ