INSTAGRAM/THIRD MAN RECORDS

Photo: INSTAGRAM/THIRD MAN RECORDS

ジャック・ホワイトは『ライヴ・イン・アンカレッジ』と『ライヴ・イン・アイダホ』と題された2枚のアコースティック作品をリリースすることを発表している。

これらの作品はソロ・セカンド・アルバム『ラザレット』の際の小規模なツアーでレコーディングされたもので、このツアーはアイダホ州やワイオミング州、アラスカ州といった訪れることが少ない地域で行われ、チケット代は3ドルに抑えられていた。

『ライヴ・イン・アイダホ』はボイシのエジプシャン・シアターでの公演を収録しており、レコーディングはリボン・マイクで行われている。アルバムは2枚組のアナログ盤で、アイシー・アイダホ・ブルー・ヴィニルと題された特殊仕様でプレスされる。

『ライヴ・イン・アンカレッジ』は、アラスカ州アンカレッジのウェンディ・ウィリアムソン・オーディトリアムでの公演を収録したDVDで、サード・マン・レコーズのブラッド・ ホーランドがエンジニアリングと編集を担当している。

それぞれのトラックリストは以下の通り。

Live in Idaho:
Just One Drink
Temporary Ground
Hotel Yorba
You Know That I Know
Inaccessibly Mystery
Do
Alone in My Home
Carolina Drama
Love Interruption
A Martyr For My Love For You
Sugar Never Tasted So Good
We’re Going to Be Friends
The Same Boy You’ve Always Known
I Asked For Water (She Gave Me Gasoline)
Blunderbuss
You’ve Got Her in Your Pocket
Goodnight, Irene

Live in Alaska:
Just One Drink
Temporary Ground
Love Interruption
Machine Gun Silhouette
Offend in Every Way
The Same Boy You’ve Always Known
Alone in My Home
You Know That I Know
We’re Going to Be Friends
Entitlement
Carolina Drama
You’ve Got Her in Your Pocket
A Martyr For My Love For You
Goodnight, Irene

先月、ジャック・ホワイトはソファーの中に10年前に隠した貴重なアナログ盤がファンによって発見されている。

ザ・ホワイト・ストライプスの初期にジャック・ホワイトはミュージシャンの友人であるブライアン・マルドゥーンとザ・アップホルスターズを結成しており、家具職人をしていた二人は彼らの曲“Your Furniture Was Always Dead … I Was Just Afraid To Tell You”を収録したアナログ盤を、デトロイト周辺で張り替えた家具の中に隠していたという。

『ライヴ・イン・アイダホ』からは“Sugar Never Tasted So Good”の音源が公開されている。

“Sugar Never Tasted So Good”の音源はこちらから。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ