GETTY

Photo: GETTY

レディオヘッドのいくつかのBサイド曲がスポティファイやアップル・ミュージックといったストリーミング・サービスから削除されたという。

2007年発表のアルバム『イン・レインボウズ』のスペシャル・コレクターズ・エディションの一部が削除されており、スペシャル・コレクターズ・エディション自体も削除されている。

「ミュージック・アリー」によれば、『ベンズ』期のBサイド曲である“Punchdrunk Lovesick Singalong”や“The Trickster”、『OKコンピューター』期の“How I Made My Millions”や“Palo Alto”も削除されているという。

「ピッチフォーク」によればスポティファイの広報担当者は次のように語っているという。「レディオヘッドのカタログがワーナー・ミュージックからXLのオーナーであるベガーズ・グループに移った結果として縮小され、少数の楽曲が利用不可能となっています」

「しかし、これまで通り、バンドの主要なアルバムのカタログはスポティファイの多くのファンに利用可能のままです」。「ミュージック・アリー」への声明でもスポティファイは、今回の変化について「レディオヘッドのカタログがワーナー・ミュージックからXLのオーナーであるベガーズ・グループに移った結果」と説明している。

アップル・ミュージックのレディオヘッドのBサイド曲のプレイリストも楽曲数が減少している。レディオヘッドも担当者も、この件についてコメントは発表していない。

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ