GETTY

Photo: GETTY

モーターヘッドが最後のツアーから2015年11月に行われたドイツでの2公演を収録したライヴ・アルバムとライヴDVD『クリーン・ユア・クロック』の詳細を発表している。

アルバムはミュンヘンのゼニスで行われたライヴを収録したもので、11月20日と11月21日に収録されている。CDやDVDに加え、2枚組のアナログ盤やスペシャル・ボックスセットも発売される予定で、スペシャル・ボックスセットにはモーターヘッドのメダルも同梱されるという。

公式の概要には次のように記されている。「彼らはキング・オブ・ザ・ロードでした。彼らはそこで生きていたのです。彼らはツアーを愛し、ファンは彼らを愛していたのです!」

「モーターヘッドの精神は、彼らがツアーに出て、人々を揺るがし、大音量を鳴らして、観客をロールさせている時こそ最も生き生きとしていました。パワーと、目的と、頭を粉砕するような不屈の組み合わせのおかげで、それを死の間際までやっていたのです。実際、骨を粉にした40年に及ぶ責務の後も、モーターヘッドはなお世界中のソールド・アウトのライヴを楽しんでいました」

5月27日にリリースするライヴ作品の詳細はこちらから。

http://www.udr-music.com/en/artists/motoerhead/releases-motoerhead/682-clean-your-clock

モーターヘッドは昨年12月にレミー・キルミスターが癌のために享年70歳で亡くなった後にまもなく解散している。ドラマーのミッキー・ディーは、レミーの死後まもなくバンドが「終わった」ことを認めている。

レミーの逝去はミッキー・ディーの前任者であるオリヂナル・ドラマー、フィルシー・“アニマル”・テイラーが2015年11月に享年61歳で亡くなった翌月に亡くなっている。ミッキー・ディーはフィルシー・“アニマル”・テイラーに代わって1992年に加入している。

モーターヘッドは、本名をフレイザー・キルミスターというレミーによって1975年に結成されている。その前はホークウィンドのメンバーだったが、ドラッグ所持で逮捕された後、バンドを脱退している。1972年にホークウィンドに加入する前はジミ・ヘンドリックスのローディを務めていた。モーターヘッドは20枚のスタジオ・アルバムをリリースしており、最新作は昨年8月にリリースされた『バッド・マジック』となっている。

『クリーン・ユア・クロック』のトラックリストは以下の通り。

‘(Live Intro)’
‘Bomber’
‘Stay Clean’
‘Metropolis’
‘When the Sky Comes Looking for You’
‘Over the Top’
‘(Guitar Solo)’
‘The Chase Is Better Than the Catch’
‘Lost Woman Blues’
‘Rock It’
‘Orgasmatron’
‘Doctor Rock Pt 1’
‘(Drum Solo)’
‘Doctor Rock Pt 2’
‘Just ‘Cos You Got the Power’
‘No Class’
‘Ace of Spades’
‘Whorehouse Blues’
‘Overkill’

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ