GETTY

Photo: GETTY

ニルヴァーナのクリス・ノヴォゼリックが、かつてのバンド・メイトであるデイヴ・グロールやパット・スメアと再び一緒に演奏する可能性について語っている。

米『ローリング・ストーン』誌の最新インタヴューでクリス・ノヴォゼリックは次のように語っている。「デイヴやパットと演奏するのはいつだって楽しいよ。僕らはポール・マッカートニーと“サーヴァーナ”(サーの呼称とニルヴァーナを合わせたもの)をやり、ロックの殿堂では“ハーヴァーナ”(女性のハーとニルヴァーナを合わせたもの)をやった。どちらも素晴らしかったよね? そして、今年のグラミー賞のパーティではデヴィッド・ボウイへの追悼で、デイヴとパットと僕はベックとやってみたんだ」

クリス・ノヴォゼリックは更にこう続けている。「それまでベックとやったことはなかったんだ。だから、ちょっとつるんでみて、少しだけ彼のことを知ってね。“Loser”以来、僕はずっと彼の大ファンだったんだ。それで一緒にやってみて……ベックは素晴らしかったんだ。全部、そうやって実現したんだよ」

クリス・ノヴォゼリックは次にニルヴァーナのメンバーといつ一緒にやるかは分からないと語っている。「そういうことがあったらだよね。いつだって楽しいからね。今後そういうことがもしあったら、また会うだろうね。でも、分からないよ。何も聞いてないからね」

クリス・ノヴォゼリックは先日、昨年、メルヴィンズのフロントマンであるバズ・オズボーンが、ブレット・モーゲン監督のドキュメンタリー映画『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』は「完全なるでたらめ」で「ほぼ見当違いのフィクション」だと主張していた件についても答えている。

米『ローリング・ストーン』誌のインタヴューで次のように語っている。「バズらしいね。彼はいつもあんな感じだ。でも、彼のことは大好きだし、そういう奴だって受け入れているよ。いつもああいった意見を持ってるんだ。『おっと、バズがまたやってるぞ』ってね。彼が何を言うかは分からないけど、彼は良かれと思ってやっているし、素晴らしいミュージシャンだからね。ずっと大切な友達さ。そういうもんなんだ」

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ