Pelle Crépin/PRESS

Photo: Pelle Crépin/PRESS

本日4月1日に4月1日に通算13作目となるニュー・アルバム『スーパー』をリリースしたペット・ショップ・ボーイズが、新作の発売に合わせて初出音源“One Hit Onder”を収録した『The Pop Kids – EP』とシングルのリミックスを収録した『The Pop Kids (Remixes) – EP』の計2タイトルをデジタル配信でリリースされている。

『The Pop Kids -EP』に収録される、“The Pop Kids (PSB Deep Dub)”と“The Pop Kids (The Full Story)”の2ヴァージョンはペット・ショップ・ボーイズがリミックスを手がけヴォーカルをプラス、“The Pop Kids (The Full Story)”にはさらに1ヴァースが付け加えられている。“In Bits”のプロデュースとミックスはスチュアート・プライスが担当している。“One-Hit Wonder”はペット・ショップ・ボーイズがプロデュースを、ピート・グレドルがミキシングを手がけており、テナントとロウが1981年暮れに書いたインストゥルメンタル曲のニュー・ヴァージョンとなっている。彼らは2014年、ベルリンのオンライン・テレビ音楽番組『ザ・ワン・ヒット・パレード』のテーマとしてこの曲をリメイクしているが、フル・トラックでのリリースは今回が初となる。一方『The Pop Kids (Remixes) – EP』は、DJ、プロデューサーとしても著名なMK(マーク・キンチェン)、オファー・ニッシム、そしてペット・ショップ・ボーイズ自身が手掛けたリミックス計4曲が収録される。

新作に関してニール・テナントは、「前作『エレクトリック』はペット・ショップ・ボーイズを”再起動“したような感じがしたんだ。僕たちがこういう世界に入ったのはエレクトロニック・ミュージックが好きだったからだと言うことを改めて思い知らせてくれた。このアルバムと前作は純粋にエレクトロニックなアルバムなんだ」と語っている。

1986年のデビュー・アルバム『ウエスト・エンド・ガールズ』の発売から30周年を迎えたペット・ショップ・ボーイズは、7月20日から23日の間、ロイヤル・オペラ、ロイヤル・バレエ団らの本拠地として使用されているロンドンにある歌劇場、ロイヤル・オペラ・ハウスにて、4回の公演を行う予定となっている。

リリースの詳細は以下の通り。

アーティスト:ペット・ショップ・ボーイズ
邦題: スーパー
英題:SUPER
発売日:2016年4月1日(金)
品番:SICX41 〔CD国内盤〕
価格:¥2,400+税
収録曲:
1.Happiness
2.The Pop Kids
3.Twenty-something
4.Groovy
5.The Dictator Decides
6.Pazzo!
7.Inner Sanctum
8.Undertow
9.Sad Robot World
10.Say It To Me
11.Burn
12.Into Thin Air

英題:The Pop Kids – EP
1.The Pop Kids (Radio Edit)
2.In Bits
3.One-Hit Wonder
4.The Pop Kids (PSB Deep Dub)
5.The Pop Kids (The Full Story)

英題:The Pop Kids (Remixes) – EP
1.The Pop Kids (Offer Nissim Drama Mix)
2.The Pop Kids (MK Dub Radio Edit)
3.The Pop Kids (PSB Deep Dub Radio Edit)
4.The Pop Kids (MK Dub)

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ