GETTY

Photo: GETTY

ザ・ルーツのリーダーであるクエストラヴは、同バンドが今週デヴィッド・ボウイのトリビュートコンサートの出演を2回とも取りやめることを発表している。

ザ・ルーツは、ニューヨークのカーネギー・ホールとラジオ・シティ・ミュージックホールで3月31日と4月1日に開催されるデヴィッド・ボウイのトリビュートライヴへの出演を予定していた。

しかし、クエストラヴをはじめ、ザ・ルーツやキンブラ、ビラルらは、他の出演者の「ひどい態度」が原因でライヴに出演しないことを明かしている。

彼は次のように綴っている。「今まで自分の機材(もしくはバンドの機材、またはリソース、コンタクト、知識などすべて)を他のミュージシャンが使うことを否定するような、心もとなさや狭量さは持ってこなかったけど、礼儀を返さないやつらには本当に頭にくる」

「冷静さを失わず自己破壊的な態度を取らないようにしてたのが弱点だったんだ。しかし、俺は真実については言う。僕たちは忍耐を持っている。だけど、こうした『ひどい態度』に忍耐はいらない。君たちの御大層な機材で楽しんだらいい」

投稿の全文は以下をどうぞ。

https://www.instagram.com/p/BDmJTNiwa8N/

憂鬱だよ。今まで自分の機材(もしくはバンドの機材、またはリソース、コンタクト、知識などすべて)を他のミュージシャンが使うことを否定するような、心もとなさや狭量さは持ってこなかったけど、礼儀を返さないやつらには本当に頭にくる。(#TomPetty や#PettyWap 、#PeteRockAndCLSmooth 、 #BlackPettyとか誰とでもうまくやれていたのを信じてくれよ)……冷静さを失わず自己破壊的な態度を取らないようにしてたのが弱点だったんだ。しかし、俺は真実については言う。ザ・ルーツ/キンブラ/ビラル(そしてウェンディー・メルヴォイン、 ディー・ディー・ジャクソン、レイ・アングリーもだ)は、デヴィッド・ボウイのライヴ出演をやめた。僕たちは忍耐を持っている。だけど、こうした「ひどい態度」に忍耐はいらない。君たちの御大層な機材で楽しんだらいい。

3月31日にカーネギー・ホールで行われる公演にはマイケル・スタイプのほかに、デボラ・ハリー、ピクシーズ、シンディ・ローパー、ローリー・アンダーソン、キャット・パワー、ペリー・ファレル、ベティ・ラヴェット、アン&ナンシー・ウィルソン、ジェイコブ・ディラン、ザ・マウンテン・ゴーツ、ロビン・ヒッチコック、ホーリー・ホーリー、ザ・フレーミング・リップスが出演する。

4月1日にラジオ・シティで開催される公演にはマイケル・スタイプの他に、マムフォード・アンド・サンズ、ブロンディ、ピクシーズ、J・マスシス、アン&ナンシー・ウィルソン、ポリフォニック・スプリー、ペリー・ファレル、ジェイコブ・ディランのほか、トニー・ヴィスコンティが最新作『★(ブラックスター)』の制作に関わったドニー・マクカズリン・グループと共に出演する。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ