PRESS

Photo: PRESS

4月8日に ベン・ハーパー&ジ・イノセント・クリミナルズ名義では9年振りとなる新作『コール・イット・ワット・イット・イズ』をリリースするベン・ハーパーだが、30分を超えるパフォーマンス映像が公開されている。

これはシアトルのラジオ局「KEXP」で3月8日に収録されたもので、“Call It What It Is”、“All That Has Grown”、“Deeper and Deeper”、“Goodbye To You”の4曲を披露している。

パフォーマンス映像はこちらから。

先日公開された“Pink Balloon”はこちらから。

ベン・ハーパーは久々のジ・イノセント・クリミナルズとの作品に関して次のように語っている。「俺たちが久々に集まった時に今までの曲をやり直すのではなく、今までにないようなことを新しい楽曲でスタートさせればもっとエネルギーと生気に満ち溢れると考えたんだ。新天地で音楽的にも個人的にも鍛えなおすきっかけだったんだ」

今年はアルバム・リリースに加えフジロックフェスティバル ‘16での来日が決定している。フジロックに出演するのは2009年以来7年振りとなる。

リリースの詳細は以下の通り。

アーティスト名:Ben Harper & The Innocent Criminals
(ベン・ハーパー&ジ・イノセント・クリミナルズ)
タイトル:Call It What It Is(コール・イット・ワット・イット・イズ)
発売日:2016/4/8(金)
レーベル: Stax / Concord / Hostess
品番:HSU-10066
定価:2,400円(税込)
※日本盤はボーナストラック、歌詞対訳、ライナーノーツ付(予定)
1. When Sex Was Dirty
2. Deeper And Deeper
3. Call It What It Is
4. How Dark Is Gone
5. Shine
6. All That Has Grown
7. Pink Balloon
8. Finding Our Way
9. Bones
10. Dance Like Fire
11. Goodbye To You

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ